コンプライアンス

はじめに

私たちシャンデールグループは、経営理念である「我らはすべての女性のため、ファンデーション・ランジエリーを通じて、真美の追求を志し、常に感謝と奉仕の心を忘れず、熱意と誠実・調和をモットーとし、社会に貢献するグループである。」の実践にあたり、コンプライアンスを最重要として捉え、誠実で公正な企業活動を行います。

私たちのコンプライアンスは特定商取引法ほか関係法令の遵守はもちろんのこと、法令に規定されない事でも倫理的・道義的に見て、すべての関係者から信頼され、支持されるものでなければなりません。

また、コンプライアンスは一過性のものではなく、継続し、発展させていくものであり、代理店も含めたグループ役職員全員が参加し、実践し、見直ししていくものとします。

ここに、コンプライアンス・マニュアルおよびコンプライアンス規程を制定し、コンプライアンス委員会を中心として、コンプライアンスを展開・推進して行きます。

コンプライアンス委員会

コンプライアンス体制図

基本方針

  1. 私たちは、お客様に喜んでいただけることを第一に考え、感謝と誠実な心で対応し、質の高い商品とサービスを提供します。
  2. 私たちは、企業の社会的責任を認識し、社会との調和をはかり、法令に従い、高い倫理観と道徳意識をもった良識ある企業活動を行います。
  3. 私たちは、人を大事にし、一人ひとりの個性と能力を最大限に発揮できる、働きがいのある企業風土をつくります。
  4. 私たちは、企業価値を高め、シャンデールグループの持続性ある発展を図り、社会の発展に貢献します。

行動指針

私たちは、事業を営む者として企業の社会的責任を自覚し、すべての法令を誠実に遵守するとともに社会的良識をもって、次のとおり行動します。

  1. お客様に喜ばれる商品を提供します。
    私たちは、常にお客様の立場に立って行動し、お客様に喜ばれ、お客様の生活を豊かにする品質の高い商品を提供します。
  2. お客様に喜ばれるサービスを提供します。
    私たちは、常にお客様の立場に立って行動し、お客様に喜ばれるサービスを提供します。
  3. トラブルに対しては、迅速・誠実に対応します。
    私たちは、会社のサービスに関してお客様との間でトラブルが生じたときは、迅速かつ誠実に対応します。
  4. 法と倫理を遵守し、誠実・公正な行動をします。
    私たちは、常に社会とのかかわりを意識して、法と倫理にしたがって、良識をもって行動し一般常識に反するような行動はとりません。
  5. 顧客情報は厳重に管理します。
    私たちは、業務上知り得たお客様に関する情報を厳重に管理し、外部に漏洩することがないようにします。
  6. 情報を適切に開示します。
    私たちは、情報の重要性を意識し不利益になる情報であっても適宜適切な情報開示を行います。
  7. 個性と能力を活かせる職場環境づくりに努めます。
    私たちは、私たち一人ひとりの人権を尊重し、個性と意欲と能力が最大限に発揮できるような職場環境を目指します。
  8. 環境と安全に配慮します。
    私たちは、環境問題の重要性を意識し、環境を守り、資源の有効活用に積極的に取り組みます。
    また、製品の安全性を確保して、健康で安心して暮らせる社会の実現を目指します。
  9. 代理店を教育・指導します。
    代理店はシャンデールグループの販売・サービスネットワークの基盤であり、「自主行動基準」「代理店契約」「会員規約」に則り、コンプライアンスの教育・指導を徹底します。

役員および役職者は、この行動指針を社員及び代理店、シャンデールグループ内に浸透させることが役割であり率先垂範の上、関係者に周知徹底します。万一、行動指針に違反する事案が生じたときは、社長を先頭にして会社をあげて問題の解決に当たり、原因の究明、再発防止に努め、社長、役員を含め関係社員関係代理店を厳正に処分します。

コンプライアンス規程

(総則)
第1条この規程は、コンプライアンス(法令を遵守すること)の取扱いを定める。
(定義)
第2条本規程においてコンプライアンスとは、社員及び販売員が法令や諸規定を遵守し、高い倫理観と良識をもった誠実、公正な企業活動を実践することをいう。
(適用範囲)
第3条この規程は、日本国内の事業活動についてはもちろんのこと、海外の事業活動についても適用する。
(経営方針)
第4条会社は、コンプライアンスを経営の基本方針とする。
(体制)
第5条当社のコンプライアンス体制を次のとおりとする。
  1. (1)取締役会
  2. (2)コンプライアンス委員会
(遵守規準の作成)
第6条コンプライアンス徹底の為に遵守すべき諸規則および実践すべき基本的内容を適時、コンプライアンス委員会にて作成し、取締役会にて付議決議する。
(義務)
第7条社員は会社の基本方針を踏まえ、誠実に法令およびコンプライアンス遵守規準にそって業務を遂行しなければならない。また、販売代理店、販売員も基本方針を踏まえ行動しなければならない。
(禁止事項)
第8条次に掲げることを禁止する。
  1. (1)自ら法令に違反する行為をすること
  2. (2)法令に違反する行為を指示すること
  3. (3)法令に違反する行為を教唆すること
  4. (4)法令違反行為を黙認すること
(通報の義務)
第9条法令に違反する行為を知ったときは速やかにコンプライアンス委員会に通報しなければならない。
(事実関係の調査)
第10条コンプライアンス委員会は法令や諸規則の違反の通報があったときは速やかに事実関係を調査する。
(懲戒処分)
第11条法令に違反した社員および販売員は懲戒処分にする。
(社長への報告処分)
第12条 コンプライアンス委員会は、事実関係の調査結果を社長に報告する。
(研修の実施)
第13条会社はコンプライアンスについての正しい知識を付与するため必要に応じて研修会を開催する。

個人情報保護

当社は、個人情報の重要性を認識し、業務上取り扱う当社の顧客、取引関係者、従業員などの個人情報について、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、かつ自主的なルール及び体制を確立し、セキュリティ体制の構築と継続的な改善を行います。

個人情報保護方針はこちら >>

お客様相談窓口 0120-39-3341